保育士の役目は教育者以上のものがあります!

保育士は「子育ての専門家」!

保育士は「保護者に代わって子供の保育をする子育ての専門家」と定義する事ができるでしょう。働く場としては、保育所をはじめ児童養護施設などの児童福祉施設や、企業の保育施設やベビーシッター派遣所といった民間の施設など様々です。保育士が多く働いている保育園も児童福祉施設なので、「保育園の先生」は厳密には教育者ではなく福祉従事者ということになります。とは言え、未就学児にとって生活と教育は密接に結びついているので、保育士の役目は単なる教育者以上のものがあるのも事実です。

免許取得の方法は2つ!

此処で今一度「保育園の先生」と「幼稚園の先生」の違いをみてみると、基本的には管轄する省庁及び法律の違いです。保育園を管轄するのは厚生省で児童福祉法に基づくのに対して、幼稚園を管轄するのは文部省で学校教育法に基づきます。免許取得に関していえば、幼稚園の教諭免許を取得するには教育課程を置いている大学などで必修単位を取得する必要があります。保育士の免許の場合は、幼稚園の教諭免許と同様所定の教育機関に通う方法がありますが、それ以外に試験を受けて取得する方法もあります。受験には、一定の資格が必要ですが、比較的免許を取りやすいと言えるでしょう。

保育の多様化で高まるニーズ!

保育士の免許を一度取得すれば、その後は更新講習などを受ける必要はありません。それ故、保育の現場を長期間離れることがあっても、資格的には何の問題もないわけです。むしろ、保育施設などでは、子育ての経験が重視されるので、新卒保育士に劣らず又はそれ以上に再就職者が求められています。また、保育に関するニーズ自体も多様化しており、保育園や保育所では人材確保の為、短時間勤務の導入にも積極的になっています。加えて、保育士の活躍が求められ場も多様化しているので、働く側としても自分のライフスタイルに合った仕事を選べるようになると言えるでしょう。

保育園の求人とは、保育園ごとにだされている場合と、市などが出している場合があります。どちらも子供の世話をするのは変わりません。