飲食店が暇な時間帯はアルバイトも暇なの?

飲食店はずっと忙しいわけではない

中には例外もあるのですが、飲食店はすべての時間帯が忙しいわけではありません。基本的にはランチとディナーの時間帯がピークとなっており、その他の時間帯はお客さんがほとんど来店せずに暇である場合があります。おおよそ午後三時から五時の間と夜の九時を過ぎた時間帯であるといわれており、そうした時間帯はアルバイトの数も減らして必要な最少人数でお店を運営していくことになります。極力、無駄な人件費を節約するためです。

お客さんはいなくても仕事はある

お客さんが来店しないからといって、アルバイトは暇であるわけではありません。少数とはいえ来店するお客さんはおり、対応をしていかなければなりませんし、そうした時間帯だからこそすべき仕事も多くあるのです。例えば店内の清掃や道具の整備であったり、あるいは食材の仕込みであったりと仕事は山積みです。確かにお客さんが少ないだけ負担は少ないのですが、確実に仕事はありますので与えられた責務は果たさなければなりません。

暇な時間帯に入るからこそ責任も

暇な時間帯にアルバイトに入るからこそ、責任が大きくなってしまう側面もあります。まず、必要最低限の人数しかいないために、ここの仕事の裁量がどうしても大きくなってしまうこと、そして食材の仕込みなどを任されている場合は、それらを滞りなく必要な量だけ行わなければ、次のピークの時間帯に食材が足りなくて困ってしまうこともあり得るためです。お客さんがいないからこそ、別の側面の責任も増すわけで、アルバイトの負担が減るわけではないのです。

福岡市での飲食店の求人にはオシャレなお店の求人がたくさんあります。福岡は食べ物が美味しいし、賑やかで楽しいお店が多いです。