保育士の免許を取るために受ける試験とは何か

保育士になるための方法とは

子供の世話をする保育士は女の子があこがれることの多い職業です。保育士になるためには、関連の学校を卒業すること、もしくは条件に当てはまっている人が試験に合格するという方法があります。ではいったい試験とはどのようなものなのかを紹介していきたいと思います。専門の学校などを出ていなくても、条件に会えばあなたが保育士になることだって可能だということです。子供の成長に大きくかかわるとても大切な仕事で、やりがいも大きな仕事です。

試験内容とはどのようなものか

試験は二つの種類に分けることができます。筆記試験と実技試験です。筆記試験は二日間に分けられ、保育原理や保育の心理学、子供の保健などのいくつかのテーマについて試験を受けます。一科目一時間で、8種類のテストがあります。また少し日を空けて実技試験があります。これは筆記試験を受け全科目合格した人のみ受けることができ、音楽、造形、言語に関するものの中から二つを選択するような形になります。このような試験に合格することで免許を取ることができます。

試験を受けることのできる条件とは

いくら試験に自信があっても、受験するためには条件があります。それをクリアした人しか受験することができません。条件は大学や短期大学を卒業していれば、学部や学科は関係なく受験することができます。大学に在学中の場合でも2年以上在学していて62単位をすでに取得していると受験することができます。短期大学在学中の場合は、最終学年であることと年度中に卒業見込みであれば可能になります。他にも専門学校の場合や高校、中学卒業の場合など条件が決められています。

転職するのに保育士の求人を東京で探すには転職サイトなどを利用すると良いでしょう。東京は雇用形態に関わらず保育士の求人が沢山あるので自分の希望に合った仕事が見つかります。